ニキビ治療薬-トップ画像
ニキビケア・予防と対策
ニキビ跡をエステで治す
リンク集
サブメニュー
リンク集
  • 光脱毛
  • フラッシュ脱毛 効果
  • 脱毛
  • 抜け毛 対策
  • 毛染め
  • にんにく卵黄
  •  


    ニキビのできやすい人は、常日頃からニキビをできにくくする予防をすることが大切です。最近は「プロアクティブ」などのトータルケアなど、ニキビ対策に効果的なスキンケア商品も出ています。


    できてしまったニキビは、白ニキビや黒ニキビなどまだ初期の段階で早期に治療して、幹部の炎症や悪化を防ぎ、ニキビ跡が残らないようにしましょう。そんな初期の段階で利用したいのが『ニキビ薬』です。


    ニキビ薬は各メーカーから販売されていますが、資生堂薬品の「ピンプリット」、小林製薬の「ビフナイトE」、シービックの「クレアラシル」などが人気があるようです。中には肌色タイプもあり、目立ちにくいのでメイクもすることができます。


    これら外用薬の主な効用は、「アクネ菌を殺菌する」「皮脂の分泌を抑えてアクネ菌の棲みにくい環境を作る」「古い角質を溶解して毛穴が詰まるのを防ぐ」などがあります。膿が溜まった状態のニキビなら炎症を抑える成分の入った薬を選ぶといいでしょう。


    ニキビの炎症が非常に酷い場合は、やはり自己治療ではなく皮膚科で診てもらうほうが良いでしょう。抗生剤の内服薬などで内側から菌を殺し治療効果を高めますので、たかがニキビと言わず一度専門家に診てもらうことをオススメします。


    google2
    Copyrightc 2008 ニキビケア・予防と対策
    ※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。